網膜・硝子体疾患 専門知識ページ

グリーンレーザー光凝固手術までの流れについて

グリーンレーザー光凝固装置手術までの流れのご案内です。

手術までの流れ

1.問診

どういう症状があったか、あるいは、医師の紹介状を確認します。

2.レーザー照射の前に目の状態を把握します。

3.照射部位の状況やその他の眼底の状態を把握しレーザーの必要性や有効性を判断します。


眼底検査

眼底カメラ

4.レーザー照射が必要と判断されると、医師からの手術説明書・承諾書にサインしていただきます。

医師の説明(現在の病状および網膜光凝固術の必要性と今後の見込み、手術の方法(レーザー光線による網膜光凝固術)、合併症の可能性と危険性) をお聞きいただいた後、承諾書にサインをしていただきます。

5.血圧測定


検査しても全身に問題が起きないかを調べる為に血圧を確認します。

6.散瞳点眼


ミドリンP点眼液を点眼し、散瞳します。大体20分程度でまぶしくなります。

7.散瞳後、手術

手術では、レーザーを照射する度に、「ピー」という音が聞こえるだけで、痛みはほとんど伴いません。
疾患の状態にもよりますが、手術自体は10~20分程度で終わります。
手術は予備検査の日に予約をとって後日とするのが普通ですが、緊急性があれば、すぐに手術することもございます。

術後の経過について

術後は、経過観察が必要です。
基本的には、手術日より、数日~1週間以内に、再度眼底検査を受けていただきます。
その後は、数ヶ月~半年、もしくは、1年に1回程度の定期検査が必要となります。
*患者様の状態によって、経過観察、定期検査の周期は異なりますので、必ず医師の指示に従うようにしましょう。
*必要により診察の順番が前後することがございます。

手術の際、使用されるレンズ

Ocular reichel-mainster 2x retina laser lens

糖尿病性網膜症の方に使用されるレンズです。
細かく確認出来ます。硝子体混濁の方の症状を確認するのにも、
強いレンズです。

Ocular Mainster high magnification lazer lens

黄斑部用の手術に使用されるレンズです。
中心性網膜症、黄斑浮腫の症状を確認するのに適していますが、
周辺部は確認できません。

Volk transequator fundus laser lens(トランスエクエーター)

広い視野を持つレンズです。

Volk super quad 160 fundus laser lens(スーパークワド160)

網膜剥離、網膜裂孔、網膜円孔、糖尿病性網膜症等の
網膜光凝固術の際に使用されるレンズです。
周辺部の網膜を確認することができます。

東京みどり会の眼科紹介