硝子体出血

硝子体出血の症状・原因の説明です。
当院では、散瞳眼底検査OCT(光干渉断層計)などにより状態を把握し、必要により硝子体手術のできる施設を紹介しております。

ご予約をお待ちしております。

硝子体出血とは

硝子体出血とは、網膜の血管が破れ、網膜からの出血が硝子体にまでおよぶことです。通常出血の量は多いため、光が出血によって遮られ視力低下が起こります。出血の量が少量であれば、飛蚊症の症状が起こります。原因は様々ですが、糖尿病性網膜症網膜中心静脈閉塞症後部硝子体剥離加齢黄斑変性によって起こります。眼の病気以外に糖尿病、高血圧などの内科的疾患から起こる事もあります。

硝子体出血の主な原因

最も多いのは、網膜新生血管が破れた事による出血です。糖尿病網膜症網膜静脈閉塞症などの、網膜の血のめぐりが悪くなる病気では、網膜の栄養を補おうとしていろいろな場所に新生血管ができてきます。これらは、本来の血管と異なって破れやすく、硝子体の引っ張りによって容易に出血を起こします。
後部硝子体剥離が起こる時にも、硝子体出血を起こすことがあります。網膜が破れた事によって網膜血管が断裂して起こるものと、網膜の破れを伴わないものの2種類があります。
加齢黄斑変性や網膜細動脈瘤などによる網膜の下の大量の出血や、くも膜下出血が硝子体腔に回って硝子体出血になることもあります。

硝子体出血の主な症状

出血が少量の時は、硝子体中の出血が網膜に影を落として、飛蚊症を自覚します。突然、「墨を流したような影」を自覚したとの訴えがよく聞かれます。大量の時は光がさえぎられてしまい、霧視や視力の低下を起こします。

硝子体出血の検査方法

視力検査をして、その後眼底の詳しい検査をします。

眼底検査

眼底にある網膜やその手前にある硝子体の状態をくわしく調べるために行います。
検査の前に目薬をさして瞳孔を開きます。まぶしさを感じたり近くが見えづらい状態が約3~6時間続きますが、自然に元に戻ります。
糖尿病性網膜症などに伴う場合も多いため、眼科以外で検査を行い、糖尿病・高血圧・血液疾患などの有無を調べる必要が出てくる場合もあります。

硝子体出血の主な治療方法

出血自体は、短期で止まることがほとんどですが、網膜剥離を起こしている場合や糖尿病性網膜症などを起こしている場合はレーザー治療や硝子体手術が必要になってきます。また糖尿病や高血圧などの全身の疾患がある場合はそちらの治療も平行して行う必要があります。
硝子体手術や全身疾患の治療に関しては大学病院など他院を紹介する場合がございます。
上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。
当院では網膜・硝子体の担当医による診察を行っております。
  • 交通アクセス
  • 地図
    住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
    最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分 / 丸の内線新宿駅B11出口
    新宿東口眼科医院は、スタジオアルタから3軒先、1階にauが入っているビルの9階にあります。
    1Fみずほ銀行左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
    ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
    1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。エレベータで9Fまでお越しください。
  • サイト内検索