蛍光眼底検査

蛍光眼底撮影装置とは

網膜などの眼底の写真を撮る機械です。
網膜血管・組織は透明ですが、蛍光剤を血管内に送り込むと蛍光を発するので病的毛細血管、新生血管まで明確に血流状態を写し出す事が出来ます。そのため通常の眼底写真ではわからない網膜の血管の様子がわかります。

蛍光眼底撮影装置の撮影画像

網膜動脈分枝閉塞症

耳上側の動脈に閉塞が見られます。
下方の動脈の血管充盈(けっかんじゅうてん)は正常です。

糖尿病性網膜症

周辺部の広い範囲に毛細血管充盈欠損
(もうさいけっかんじゅうてんけっそん)が見られます。

網膜静脈分枝閉塞症

耳上側静脈の閉塞部位に毛細血管充盈欠損
(もうさいけっかんじゅうてんけっそん)と健常な網膜との
境界部に新生血管からの蛍光色素の漏出が見られます。

黄斑変性症

黄斑部の広い範囲に過蛍光が見られます。

代表的な疾患

加齢黄斑変性症

網膜の中心にある黄斑部が老化して、老廃物が蓄積されると網膜の下に新生血管が生え、視細胞の破壊や出血により視力障害を起こします。症状としては、網膜の中心部が悪くなるので、「ものがゆがんで見える」「見ているものの中心が欠けて見える」「ものがはっきり見えない」等があります。

網膜動脈分枝閉塞症(BRAO)・網膜中心動脈閉塞症(CRAO)

網膜動脈閉塞症とは、網膜に血液を送っている動脈が詰まり、網膜の細胞への血流が途絶えてしまう病気です。細胞が活動するために必要な酸素や栄養は、血液によって供給されていますので、血流が途絶えると、間もなくその箇所から先の細胞は死んでしまいます。視神経乳頭から4方向に大きく枝分かれしている動脈のうちのいずれかに閉塞が起こる事を網膜動脈分枝閉塞症、全体が閉塞してしまうこと・網膜中心動脈閉塞症(CRAO)といいます。
網膜細胞が死んでしまうと光を感知できなくなり、視覚が失われてしまう場合もあります。

網膜静脈分枝閉塞(BRVO)網膜中心静脈閉塞症(CRVO)

網膜静脈分枝閉塞症は、視神経乳頭から4方向に大きく枝分かれしている静脈のうちのいずれかに閉塞が起こります。出血や腫れが中心部に及んでくると、視力も低下します。糖尿病とならんで、眼底出血を起こす代表的な病気です。また、全体の静脈が閉塞する症状を網膜中心静脈閉塞症といいます。

糖尿病性網膜症

糖尿病とは体内でインスリンを作れなくなったり、体内で作られたインスリンをうまく使えなくなったりする代謝異常の総称です。また、それはⅠ型、Ⅱ型に分類されます。
糖尿病性網膜症は、網膜の状態などから進行の段階が3つに分けられます。
単純網膜症から増殖前網膜症の段階ではほとんど自覚症状がないため、初期の段階で患者さん自身が眼の異常に気がつくことは困難です。
  • 交通アクセス
  • 地図
    住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
    最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分 / 丸の内線新宿駅B11出口
    新宿東口眼科医院は、スタジオアルタから3軒先、1階にauが入っているビルの9階にあります。
    1Fみずほ銀行左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
    ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
    1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。エレベータで9Fまでお越しください。
  • サイト内検索