網膜・硝子体疾患の検査方法

屈折検査

当院ではオーレフラクトメーターという機械を用いて、他覚的に近視や遠視・乱視の度数を測る検査を行っています。これで大体の屈折状態を調べることが出来ます。機械の中に映っている絵(当院では気球の絵です)を見ている検査です。
※屈折検査は、遠視・近視・乱視・眼の形状も分かります。矯正視力を測る時の基準にもなります。

視力検査

視力検査には裸眼視力と矯正視力があります。
裸眼視力とはコンタクトレンズや眼鏡を使用していない未矯正の視力で、
矯正視力とはレンズを入れることにより近視や遠視・乱視などの屈折異常を矯正した最良の視力のことです。
※眼科では裸眼視力よりも矯正視力が病状の判断に重要です。

眼圧検査

眼圧(目の堅さ)を測定します。機器は非接触式(ノンコンタクトトノメーター)と、接触式(アプラネーショントノメーター)があり、通常は非接触式の、目に空気を当てる方法で測定します。
緑内障の早期発見、治療に必要です。

細隙灯顕微鏡検査

スリットランプマイクロスコープによる前眼部(角膜・結膜等)の観察を行います。
角膜や結膜、水晶体、虹彩、硝子体の前部などの状態を観察する検査です。

視野検査

まず視野とは、視線を動かさずに見ることができる範囲のことです。物の色、大きさ、明るさなどによっても範囲はかわります。検査ではいろいろな部位から様々な大きさと強さの光を出してそれが見えるかどうかを調べます。
検査には静的視野検査動的視野検査があります。

ハンフリー視野計(静的視野検査)

ゴールドマン視野計(動的視野検査)

動的視野検査はゴールドマン(検査時間20~30分)を使います。
全体の視野の形状を検査で知ることが出来ます。

FDTスクリーナー

検査時間がスクリーニングテストで片眼わずか30秒程度、閾値テストでは片眼4分程度で終了し、患者様にかかる身体的・心理的不安も軽減できます。検査も、暗室ではなく、通常の検査室で行えます。

眼底検査

※眼底検査は、網膜剥離・視神経疾患・糖尿病性網膜症等の眼の疾患だけでなく、
内科疾患(高眼圧症・糖尿病・肝臓病等)、脳神経疾患(くも膜下出血・硬膜下出血・脳腫瘍等)の発見につながる重要な検査です。検眼鏡を通じて主に視神経や網膜を観察する検査です。この検査により眼底疾患の有無を調べることが出来ます。 散瞳後の検査 検眼鏡による医師の診察

検眼鏡、倒像鏡、双眼等を通じて主に視神経や網膜を観察する検査です。この検査により眼底疾患の有無を調べることが出来ます。

眼底カメラ



眼底カメラを使用することにより眼底疾患の有無を調べることができます。また、すぐに写真を印刷できますので、眼底の状態を説明させていただくのに大変便利な機器です。
眼底カメラによる眼底撮影所要時間は5分程です。

OCT(Optical Coherence Tomography: 光干渉断層計/シラスHD-OCT)

OCT(Optical Coherence Tomography: 光干渉断層計/シラスHD-OCT)とは、網膜(カメラで例えるとフィルムにあたる部分)の断層画像を撮影する検査です。このOCT検査により、診察時の倒像鏡などによる眼底検査だけでは分かりにくい網膜の状態を明らかにし、網膜の病気に対する治療方針の決定や、治療効果の判定に役立てることができます。 OCTを必要とする代表的な疾患は、黄斑円孔、黄斑前膜、糖尿病黄斑症黄斑浮腫加齢黄斑変性網膜剥離緑内障などです。
OCT(Optical Coherence Tomography: 光干渉断層計/シラスHD-OCT)

アムスラーチャート

アムスラーチャート
格子状の図を見て頂き、片目を覆って中心の点を見ます。その時に線がゆがんで見えないか、欠けて見えないか視野欠損をおおまかに検出します。もし見え方に異常がある場合は黄斑およびその周囲に何らかの異常がある疑いがあります。

蛍光眼底検査

蛍光眼底撮影装置
蛍光剤を血管内に送り込み、眼底の血流状態を写し出す事が出来るため、網膜の血管から血液の成分が漏れているかどうか、漏れていればその場所はどこか、といったことも判定できます。糖尿病網膜症加齢黄斑変性症の診断には欠かせない検査です。血液の流れの状態や、通常の眼底検査では発見できない病変の状態を詳しく調べることができます。
糖尿病網膜症の場合、レーザー光凝固術が必要かどうかを判断するうえで、蛍光眼造影底検査は重要な判断材料です。
  • 交通アクセス
  • 地図
    住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
    最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分 / 丸の内線新宿駅B11出口
    新宿東口眼科医院は、スタジオアルタから3軒先、1階にauが入っているビルの9階にあります。
    1Fみずほ銀行左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
    ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
    1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。エレベータで9Fまでお越しください。
  • サイト内検索