ご挨拶

担当医師からのご挨拶

網膜の病気は、急になってしまう急性のもの(網膜裂孔網膜剥離など)と、慢性のものがあります。
慢性のものは治療が数日遅れたからといって、経過に大差はありませんが、急性のものは経過に大差が出てしまいます。
見え方に急な変化が起きた場合は、急がなければいけないものなのか、そうでないものなのかをまずは受診して確認して頂くと良いと思います。
また最近は、OCT(optical coherence tomography)という最新の機械により、網膜の断層写真がきれいに撮れるようになりました。このため網膜のどの部分が悪いのかがより正確に分かるようになっています。
まずは症状のある方はご相談頂けますでしょうか。

院長:新川 恭浩

スタッフからのご挨拶

地域の皆様にまごころある医療の提供を目指し、皆様から信頼される眼科づくりに
取り組んでおります。
新宿駅前で大病院と同程度に高度な医療の提供及び、専門治療(網膜外来緑内障外来ドライアイ外来黄斑疾患外来白内障外来)に力を入れております。
小さなお子様から、ご高齢の方々まで、幅広い年齢層に柔軟に対応できるよう
心がけております。また、予約システムも整っており、待ち時間の短縮に努めております。
些細なことでも、お気軽にご相談下さい。 皆様のご来院をお待ち申しあげます。

従業員一同
  • 交通アクセス
  • 地図
    住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
    最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分 / 丸の内線新宿駅B11出口
    新宿東口眼科医院は、スタジオアルタから3軒先、1階にauが入っているビルの9階にあります。
    1Fみずほ銀行左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
    ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
    1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。エレベータで9Fまでお越しください。
  • サイト内検索