網膜・硝子体疾患 専門知識ページ

変視症

変視症の説明です。

変視症とは

変視症とは、物が歪んで見える症状のことをいいます。
物が歪んで見えるといっても、疾患の種類や程度によって見え方は異なります。

変視症の原因

変視症の原因の多くは、網膜の特にものを見る中心部である黄斑の部分が疾患によってむくんだり、剥がれたり、変形があったりすると起こります。
変視症を伴う網膜疾患は加齢黄斑変性黄斑円孔黄斑前膜黄斑浮腫中心性漿液性脈絡網膜症網膜剥離などが挙げられます。

変視症の検査方法

視力検査眼底検査OCT眼底写真アムスラーチャートを使用して検査します。

変視症の治療方法

変視症の治療方法は、疾患によって全く異なります。まずは、正確に原因疾患を診断し、最適な治療法を選ぶことが何よりも重要です
上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

東京みどり会の眼科紹介