網膜・硝子体疾患 専門知識ページ

黄斑浮腫

黄斑浮腫とは

網膜の中心となる黄斑部に液状な成分がたまり、浮腫みを起こし視力が低下する病気のことを言います。
糖尿病網膜症網膜静脈閉塞症、その他の原因から視力にとって最も重要な部位である黄斑部に浮腫が生じることを言います。
おもな症状は、視力低下、ゆがんで見える(変視症)、ぼやけて見える(霧視)などです。
黄斑浮腫は、いろいろな病気から引き続いて起こることがあります。
たとえば、網膜静脈閉塞症に伴う眼底出血の時、糖尿病網膜症の時、サルコイドーシスやベーチェットなどに伴うぶどう膜炎の時などです。
これらの病気で、血管からの水分の漏れが多くなると、網膜の浮腫(むくみ)として、発症するのです。

黄斑浮腫の検査

視力測定、眼底検査のほかに、OCT(光干渉断層計)の撮影が役立ちます。
視力は、症状の経過観察における指標として重要です。
眼底検査では、黄斑部の網膜の上にある膜やそれにより生じた網膜の引きつれ(しわ)を観察します。
これらに加え、OCTでは、網膜の断層像がとれます。
OCTでは、浮腫の形状や範囲をより正確に観察することができます。

黄斑浮腫の治療

黄斑浮腫の治療法にはいくつかあります。
まず、上述のような原因となる病気の治療が必要です。それにより浮腫(むくみ)がすぐに解消すればいいのですが、なかなか解消せず浮腫(むくみ)が続くと、だんだん網膜の神経が傷み、機能が戻らなくなってしまうことがあります。
ここでは、そうならないようにすることを目的とした対症療法について説明します。

外来でできる方法には、ステロイドの局所注射があります。
元来、ステロイドには局所の浮腫(むくみ)をとる働きがあることが知られています。
そこで、比較的長い期間効果を持続するケナコルトというステロイド製剤を、結膜下に注射します。
ときに、この薬のために眼圧が上がることがありますの で、注射をしたら約一週間後に眼圧測定のために来院していただく必要があります。
また、眼圧が上昇したら、そのための治療(主に点眼薬)をする必要が出てきます。

この方法で効果がない場合には、手術をすることもあります。硝子体手術です。入院の上、局所麻酔で行います。
いずれも、治療後直ちに見えるようになるわけではなく、時間をかけてゆっくり回復を待つ必要があります。
発症から治療までの時間が長いと、回復に限度があることもあります。
また、上述の黄斑浮腫の原因となる病気の状態によっては、再発を繰り返すことがあります。
早めの受診をおすすめします。

上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

東京みどり会の眼科紹介