小さな症状、放置していませんか?

眼科専門医による網膜・硝子体診療を、もっと近くに、安心に。

網膜・硝子体の疾患は主に症状に痛みがないことから無自覚な方も多く、あまり気に留めずに放置してしまう方が多いようです。
症状が軽度の場合、簡易的な診察をする病院であれば見逃すこともあるようです。
症状が進行してしまうと、急激な視力低下や失明に至る恐れがございます。

新宿東口眼科医院では熟練の専門医師と充実した機器による網膜・硝子体専門治療を提供しております。
光干渉断層計(OCT)蛍光眼底検査装置など最新の眼科医療機器を駆使した一般に病院で行われている検査がクリニックで施行できます。
網膜裂孔糖尿病性網膜症などの網膜硝子体疾患手術がその場で受けられる点も新宿東口眼科医院の特徴です。

アクセスは新宿駅東口徒歩1分という駅近、比較的遅い時間まで受付(平日は19:30まで、土曜日は19:00まで、日曜・祝日でも18:00まで)しておりますので、通勤・通学の帰りにもお越しいただけます。
都心部で眼科をお探しでしたら、「便利さ」と「確かな技術」を兼ね備えた新宿東口眼科医院をぜひご利用ください。

こういった症状に心当たりはございませんか?網膜・硝子体チェック

症状セルフチェック

網膜・硝子体の影響によって現れる症状には、様々なものがあります。
下記の症状に心当たりはございませんか?

下記の症状に心当たりはございませんか?
黒い点や糸くず、ごみのようなものが見える(飛蚊症)
光が当たっていないのに視界の中に光が見えたり、チカチカ・キラキラと光を感じたりする(光視症)
40歳以上
見たいものがはっきり見えない。視力が急に落ちた
見ているものの一部が見えない(視野の欠損)
強度(-6.00D以上)の近視の方

該当する場合は、半年~1年の範囲で定期的な検査をおすすめします。網膜・硝子体の疾患で飛蚊症を初期症状とする病気は、早期治療が大切です。
浮遊物の数や形の急な変化、視力の急激な変化がありましたら、すぐにご相談ください。